ゆうちょ銀行のATMに関する料金の新設について。詳しく解説!

郵便局活用

 

 

最近、郵便局にゆうちょ銀行のことで窓口へ行くと、用事が終わったあとに郵便局員さんがいつもお知らせとして説明してくれます。

内容はこんなチラシです。

A4の見開き4ページ分です。

このチラシについて詳しくはこちら!

 

 

このチラシの中で一番最初のところが気になりました。

内容は「ゆうちょATMに関する料金の新設」です。

そして、

ATMでの硬貨の取り扱いできない時間帯の変更」です。

 

 

ゆうちょ銀行で口座を持っていて、結構メインの口座として利用している僕としては気になります。

そんな方もいらっしゃると思いますので、そこのところ詳しく解説していきます。

 

 

 

 

 

 

ATM利用料金

 

 

【ATM利用料金】

駅、ショッピングセンター、ファミリマート 等に設置してあるゆうちょATMについて、ゆうちょ口座からの預け入れや払戻しに曜日、時間帯によって料金がかかります。

お知らせチラシ

 

 

まず、ゆうちょのATMは全国に3万2005台あるります。(ゆうちょ銀行HP)

その中でも、

  1. 全国の郵便局やゆうちょ銀行直営店に併設されているATM
  2. それ以外のATM

を分けて考える必要が出てきます。

 

 

百貨店やイオンモールなどのショッピングモールにあるゆうちょATM。主要な駅にもゆうちょATMはあったりします。

コンビニではファミリマート店内にもゆうちょATMがあったりします。

ファミリマートでは「ゆうちょATM」と「イーネットATM」の2種類どちらかが設置されている場合が多いですが、緑色のゆうちょATMの方を指しています。

 

 

 

 

①の郵便局・ゆうちょ銀行併設のATMでは、預け入れや引き出しについて、今までどおりATMが使える時間であれば何時であっても料金はかかりせん。

②のそれ以外の駅・ショッピングセンターやコンビニ設置のゆうちょATMでも、今までは曜日や時間に関わらず預け入れや引き出しに手数料は無料でしたが、これからは曜日や時間帯によっては新設のATM利用料金がかかるようになるんですね。

 

 

◉ ATM利用料金110円がかかる時間帯

【平日】18:00以降〜翌朝8:45まで
【土曜日】14:00以降〜翌朝9:00まで
【日曜日・休日】終日ずっと

 

 

ゆうちょのATMなのに、無料の時間帯もすごく減っていますね。

今まで通勤途中に最寄駅やファミリマートで預け入れや引き出しをしていた僕にも影響は大きいです。

日曜日や休日なんかは終日110円かかるんですね。

 

 

注意する点は、

⚫︎ 曜日・時間帯によって、ATM利用料金がかかるATMにはステッカーなどで表示がされる。

⚫︎ ATMの払戻しや預け入れの際の操作画面でもATM利用料金の案内表示がされる。

⚫︎ 一部の郵便局に設置・隣接しているATMでも料金がかかる場合があるため、ゆうちょWEBサイトの「店舗・ATM」で確認できる。

⚫︎ 定額・定期貯金の預け入れはATM利用料金はかからず無料

⚫︎ 1月2日、1月3日は休日扱いとなる。

 

 

郵便局員さんに

なんで一部のATMが利用料金がかかるようになるのか?

と質問したところ。

ゆうちょ銀行の経営環境が厳しい事と、相対的に設置コストや維持コストの割高なATMを対象としてATM利用料金を新設してご負担いただくことになった。」

と答えていただきました。

ATM硬貨預払料金

 

 

【ATM硬貨預払料金】

ゆうちょATMでの貯金の預け入れ・払戻しに硬貨を伴う場合、硬貨預払料金がかかります。

お知らせチラシ

 

 

お財布に貯まった小銭(硬貨)をついでに、ATMでゆうちょ口座へ預け入れていた僕としては影響が大きいです。

では、

硬貨を預け入れたり払戻す場合は、何枚からどれくらいの料金がかかるのでしょうか?

 

 

◉ 預け入れの場合

  • 1枚〜25枚 … 110円
  • 26枚〜50枚 … 220円
  • 51枚〜100枚 … 330円

ちなみに

ATMでは硬貨の預け入れは100枚までしかできません

それ以上預け入れする場合は郵便局窓口まで行く必要があります。

 

 

◉ 払戻す場合

  • 1枚以上 … 110円

ちなみに

ATMで硬貨で払戻す際に金種を指定できませんので、硬貨は最大で999円分の27枚です。

 

 

ATMでは預け入れでも払戻しでも、硬貨は1枚から料金がかかるようになります。

基本的にはATMでは硬貨は使うな!ってことなんでしょうね。。。

 

 

しかし、

今回、同時に郵便局・ゆうちょ銀行窓口での「硬貨取扱料金」というのが新設されています。

 

 

【硬貨取扱料金】

窓口で硬貨を預け入れや払込み等で持ち込む場合かかる料金なのですが、

1枚〜50枚までは無料

51枚〜100枚550円

の料金がかかります。

もし、預け入れる硬貨の枚数が、51枚〜100枚の時は、ATMで預け入れをした方がかかる料金は330円と220円も安く済むということになります。

 

 

ですから、

これからゆうちょ銀行口座へ硬貨を預け入れる場合には、

⚫︎ 1枚〜50枚 は窓口で預け入れて 無料

⚫︎51枚〜100枚 はATMで預け入れして 330円

⚫︎ 100枚以上 は窓口で預け入れする 825円〜

が料金を安くできるということになりますね。

 

 

このATM硬貨預払料金の導入の経緯についても聞いてみました。

「ATMの管理運営について、硬貨の取り扱いには追加コストがかかっていて、硬貨の利用には故障の発生など他のお客さまへの負担増にもなっているため。」

だとおっしゃってました。

 

 

 

ATMで硬貨取り扱いができない時間帯の変更

 

 

チラシには「あわせてご注意ください」として記されています。

お預け入れ・払戻しにおいて硬貨のお取り扱いをできない時間を変更します。

【変更前】

平日の7時以前から21時以降、土曜日・日曜日・休日の9時以前と17時以降

【変更後】

平日の7時以前から18時以降、土曜日・日曜日・休日の終日

お知らせチラシ

 

 

ATMでの預け入れや払戻しに関してですが、

【平日】では今までより3時間前倒しされて7時〜18時までしか硬貨の取り扱いができません

【土曜日・日曜日・休日】ではまったく硬貨の取り扱いができなくなります。

土日祝日や平日18時〜7時では紙幣のみの取り扱いとなる訳です。

 

 

 

さいごに…

 

 

やっぱり、ゆうちょ銀行としては、

「ATMでは硬貨を使ってほしくない」ってことなんでしょうかね。

それに、

今までゆうちょATMではどこでも手数料がかからずに便利に使えていたところが、

時間や場所によって手数料が取られるのは残念ですね。

 

 

ゆうちょ銀行が2021年7月2日に発表した際のタイトルは、

お客さまへの安定的なサービス提供に向けた料金の見直し・新設のお知らせ

となっています。

さまざまな料金新設・値上げによって本当にサービスが向上すれば良いですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました