RWC2019!イングランド代表のイケメン選手を紹介!かっこいいラガーマン!

ラグビーW杯

さて、日に日にラグビーのワールドカップ2019 日本大会が迫ってきましたね!

僕はラグビーはめっちゃ好きなスポーツですが、観る方専門で自分ではプレーしない方の人間なんです。

だからこそ、ラガーマンに憧れめちゃくちゃカッコいいって思うんですよね!

前回は「ニュージーランド代表」を特集したので、今回は「イングランド代表」注目選手を特集します!

 

イングランド代表【サクソンズ】

イングランド代表の愛称はサクソンズ(Saxons)です。
ラグビーの母国として、真っ白なジャージに薔薇のエンブレムをつけているので”レッドローズ”と呼ばれることもあります。
ラグビーワールドカップでは1991年に準優勝、2003年に北半球で初めて優勝を果たしたチームです。
しかし、前回大会2015年の自国開催で予選プールで敗退。開催国が決勝トーナメントに進めなかったのは史上初。
その後、日本代表監督として世界を驚かせたエディー・ジョーンズ監督を起用して18連勝してその誇りを取り戻してきた。
今大会の優勝候補の一つです。(世界ランキング4位・2019年 5月現在)
 
 
 
 

オーウェン・ファレル ( OWEN FARRELL )

プロフィール

  • 身長  186cm
  • 体重  92kg
  • 年齢  27歳
  • ポジション スタンドオフ / センター
  • 所属チーム   サラセンズ所属
  • 代表キャップ   70キャップ
オーウェン・ファレル、元イングランド代表CTBで活躍したアンディ・ファレルを父に持つサラブレット。
司令塔としてパスやキックそしてランのすべてを兼ね備えたうえに、メンタルも強く才能に溢れたプレーヤーです。
チームのゴールキッカーを務めることもありイングランド代表のキーマンでもあります。
2017年にはヨーロピアン・チャンピオンズカップのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるほどの活躍をみせている。
そして、今年2019年のヨーロピアン・チャンピオンズカップの決勝でも所属のサラセンズから出場して見事チームを優勝へ導きました。
監督がエディー・ジョーンズになってからは、ライバルのジョージ・フォードとのポジション争いからセンターにポジション変えて共存してさらなる力を発揮している。

 

 

↓↓↓動画はコチラ!

Owen Farrell – Europe's Finest | International Career Highlights | 2012-2018 (TURN SOUND UP)

 

 

↓↓↓投稿・画像はコチラ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Good start 🌹

Owen Farrellさん(@owenfaz)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

ジョージ・フォード ( GEORGE FORD )

プロフィール

  • 身長   178cm
  • 体重   84kg
  • 年齢   26歳
  • ポジション   スクラムハーフ
  • 所属チーム   レスタータイガース所属
  • 代表キャップ   54キャップ
ジョージ・フォードもイングランドのサラブレットです。
元イングランド代表でアイルランド代表コーチも務めたマイク・フォードを父に持ち、イングランドU18からフル代表まで経験を積んでいる。
スクラムハーフとして鋭いパスセンスは超一流。キッカーとしても素晴らしくチームの中核を担っています。
オーウェン・ファレルとは幼なじみで世代も近く、経歴やポジションそして父の存在も共通するところが多く、ライバルとして知られている。
今回のワールドカップでも活躍は間違いなしです。

 

 

↓↓↓動画はコチラ!

George Ford's top five players

↓↓↓投稿・画像はコチラ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Delighted to be staying @bathrugby with this great bunch of lads. Really excited about the future ahead! 🔵⚫⚪

George Fordさん(@george_fordy)がシェアした投稿 –

 

 

 

マロ・イトジェ ( MARO ITOJE )

プロフィール

  • 身長   195cm
  • 体重   115kg
  • 年齢   24歳
  • ポジション   ロック
  • 所属チーム   サラセンズ所属
  • 代表キャップ   27キャップ
マロ・イトジェは2016年に伝統あるラグビー6か国対抗戦(シックスネーションズカップ)でデビューしてからイングランド代表の不動のロックを任されレギュラースターターです。
所属チームではサラセンズのロックで活躍し、2016年のヨーロピアン・チャンピオンズカップのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。
オーウェン・ファレルと同じく所属のサラセンズで今年2019年のヨーロピアン・チャンピオンズカップ優勝に大きく貢献しました。
エディー・ジョーンズ監督にその才能を見出されてからは、世界でも大注目の選手となりました。

 

 

↓↓↓動画はコチラ!

Maro Itoje – Start That Fire | Tribute

↓↓↓投稿・画像はコチラ!

この投稿をInstagramで見る

🎾

Maro Itojeさん(@maroitoje)がシェアした投稿 –

 

 

 

ジョニー・メイ ( JONNY MAY )

プロフィール

  • 身長   188cm
  • 体重   98kg
  • 年齢   29歳
  • ポジション   ウィング
  • 所属チーム   レスタータイガース所属
  • 代表キャップ   45キャップ
ジョニー・メイはイングランド代表のウィンガーとしてプレーしてそのスピードを活かしてピッチを走り回り、ステップとフィニッシュの卓越したスキルによってポイントゲッターとして活躍している。
今年2019年のシックスネーションズカップでは、強豪フランス相手にハットトリックをあげる活躍を見せており、好調を持続したままワールドカップに出場するためもが離せない存在です。

 

 

↓↓↓動画はコチラ!

Jonny May – Pure Speed Highlights HD

↓↓↓投稿・画像はコチラ!

 

 

 

 

↓↓2020年7月にイングランド代表と対戦↓↓

 

 

 

 

ラグビー ワールドカップ2019 イングランド代表試合日程!

 

 

 

第1試合

9月22日(日) 19:15〜 北海道 札幌ドーム

イングランド vs トンガ

 

 

第2試合

9月26日(木) 19:45〜 神戸市御崎公園球技場

イングランド vs アメリカ

 

 

第3試合

10月5日(土) 17:00〜 東京スタジアム

イングランド vs アルゼンチン

 

 

第4試合

10月12日(土) 17:15〜 横浜国際総合競技場

イングランド vs フランス

 

 

 

まとめ!

 

 

イングランド代表には甘いマスクのイギリス紳士がいっぱいいますね!
それでいて世界トップクラスの選手だらけです!
もちろん優勝候補でありながら、前回大会の雪辱を晴らすために気合も入りまくりなので、このワールドカップでは目が離せないチームですね!
前回大会日本を率いて世界を驚かせた、あのエディー・ジョーンズ監督の采配も気になりますよね!

 

 

 

イングランド代表!応援グッズ!

 

 

↓記念に残したいW杯グッズが売り切れる前に↓

 

 

【CANTERBURY】 カンタベリー イングランド 2017/18 トレーニング Tシャツ ラグビー 【RG37085】
created by Rinker

世界の国旗 イングランド MLサイズ(450×675mm)ラグビーワールドカップ出場国
created by Rinker

ラグビー イングランド代表 England R.F.U. オフィシャル商品 Navy キャップ 帽子 【楽天海外直送】
created by Rinker

 

 

↓↓↓他の出場国のイケメン選手はコチラ!

↓↓↓W杯出場国別の注目イケメン選手はコチラ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました