【ラグビー観戦】双眼鏡の選び方!スタジアムでのおすすめ4選!

ラグビーW杯

 

 

いざラグビーのスタジアムへ観戦に行く時の必須アイテムである

” 双眼鏡 “

の選び方からおすすめまでご紹介します!

 

 

 

ラグビー観戦で双眼鏡は必要⁈

 

 

ラグビーのスタジアムでの観戦に双眼鏡が必要な理由は…

  • 反対側の遠いサイドのプレーが肉眼では見えない。

  • 手前でのプレーでも、密集(ラック)やスクラムなどのプレーが詳しく見えて臨場感がある。

  • お気に入りの選手の表情や仕草までしっかり見える。

 

 

 

遠いサイドのプレーを見る!

ラグビーのピッチの長さは正式に決まっていなくて、規定の範囲内であれば各会場で異なっています。

ゴールラインから反対のゴールラインまでの長さは、100m〜94m、インゴールラインは6m〜22mです。最大で端から端まで144mあります。横のタッチラインは68m〜70mです。

仮にゴール裏の座席なら反対側のゴール前でのプレーは150m〜200m程先のラグビーボールの行方を肉眼で追いかける事になるんですね。

ラグビーワールドカップの試合会場の中で、例えば、横浜国際総合競技場では、陸上トラックがあり、メインスタンドの真ん中最上段から両サイドのゴールポストまではおよそ120m程あります。

もちろん、肉眼で試合の流れを楽しむのですが、双眼鏡を併用する事によってワンランク上のラグビー観戦ができるのは言うまでもないと思います。

 

 

 

ラックやスクラムなどのプレーを間近に!

近いサイドでのプレーに関しても、密集(ラック)やスクラム,モールなどのプレーでボールの行方を追いかけるのは肉眼では限界があります。

「あっ!ターンオーバーした!」

「タックルからジャッカルした!」

「スクラムではこんな迫力ある攻防があったんだ!」

などなど新しい気づきや迫力ある臨場感で心が震えます!

世界のトップ選手同士のギリギリの攻防を見逃さないためにも双眼鏡の必要性がわかっていただけると思います。

 

 

 

お気に入りの選手の表情・仕草を間近に!

ラグビーW杯には現在の世界のトップ選手が一堂に集まります。

ニュージーランド代表・オールブラックスはスター軍団!

10年ぶりにオールブラックスを上回って世界ランキング1位になったウェールズ

伝統の強国イングランド!

昨年の世界年間最優秀選手に選ばれたジョナサン・セクストン率いるアイルランド!

8月にオールブラックスを破ったオーストラリアのワラビーズ!

挙げればキリがありませんが、そんなトップ選手を間近に見れる事はそうそうありません。

超イケメン選手から2mを超える巨漢選手まで各出場国のお気に入りの選手を見つけて一挙手一投足を双眼鏡で感じてください!

 

 

 

 

ラグビー観戦の双眼鏡の選び方!

 

 

ラグビー観戦の双眼鏡を選ぶポイントは5つあります。

  • 種目に合った倍率
  • 覗いた時に見える視界範囲
  • メガネでも使えるアイレリーフ
  • 収納・コンパクト
  • 雨天でも使える防水

 

 

 

ラグビー観戦に合った倍率

双眼鏡を選ぶ時に、まず高倍率であればあるほど良いと思われがちなのですが、スポーツの種目によって最適な倍率は異なります。

バレーボールなどの室内競技では(4倍〜8倍)で十分で明るさの調整ができるものが向いています。

野球のように選手に注目して見る種目は高倍率(10倍〜)で高解像度なものが向いています。

ラグビーやサッカーのように広い範囲でスピーディーな展開がある種目は(8倍〜12倍)で広角な視界があるものが向いています。

倍率が高いとよりズームされますが、手振れが大きかったり、視野が狭くなったり、双眼鏡自体が重く大きくなったりします。

ですから、ラグビー観戦に合った倍率は、

8倍〜12倍が最適です。

 

 

 

覗いた時に見える視界範囲

ラグビー観戦の場合は、倍率が高くて高解像なものだと実際に見えている視界範囲が狭くて、ボールの動きについていけなかったり、グラウンド全体の展開がわからなかったりします。

ですから、広角で視界の広い双眼鏡を選ぶ事は大事です。

双眼鏡の見える範囲は、「実視界」と「見掛け視界」で表されています。

「実視界」は、双眼鏡を動かさないで見える範囲の事ですが、倍率によっても変わるため、単純に比較できません。

「見掛け視界」は、実視界と倍率を掛けた数値の為に比較が可能です。

見掛け視界が広いということは視野が広いのですが解像度は落ちます。

野球など動きの少ない種目なら、「見掛け視界」は50度前後で十分です。

ラグビーなどの動きの速い種目は「見掛け視界」は60度以上は必要です。

ですから、ラグビー観戦に合った

「見掛け視界」は60度以上です。

 

 

 

メガネをかけたまま使えるアイレリーフ

メガネやサングラスをかけたまま観戦する場合には「アイレリーフ」をチェックしないといけません。

「アイレリーフ」とは、接眼レンズと覗き込む眼との最適な距離の事です。

アイレリーフが小さいと、より眼を近くに覗かなくてはいけないですが、数値が大きいとより遠い位置で覗き込める事になります。

メガネやサングラスをかけたまま双眼鏡を使うなら、

「アイレリーフ」が14以上が必要です!

 

 

 

コンパクト収納で持ち運び簡単

ラグビーW杯での観戦では、観客も多くスタジアムも大きいので持ち運びに便利でコンパクトに収納できるものを選びたいですね。

双眼鏡自体が重くて大きいと邪魔にもなりますし、長時間の観戦に疲れてしまいます。

収納ケースやストラップの確認もしておきましょう。

 

 

 

雨天でも使える防水機能

ラグビーは雨天でも試合が開催されます。

観客席も屋外です。

雨天でも双眼鏡を使えるように、

「防水機能」は必須です!

 

 

 

 

ラグビー観戦におすすめ双眼鏡!4選

 

 

Nikon スポーツスターEX

  • 倍率10倍
  • 見掛け視界 65度
  • アイレリーフ10mm
  • 防水機能
  • ソフトケース・ストラップ付き
  • 眼鏡対応

Nikonのスポーツ観戦対応モデル。2軸折りたたみ式の軽量でコンパクトなタイプです。眼鏡を掛けててもレンズに傷がつかないように調整ができます。

 

 

 

OLYMPUS 10×21 RC Ⅱ WP

  • 倍率10倍
  • 見掛け視界 63度
  • アイレリーフ 11.5mm
  • 防水機能
  • ソフトケース・ストラップ
  • 接眼レンズキャップ

折りたたむと片手で収まり、ポケットにも収まります。防水機能は水深1mに5分つけていても大丈夫。190gの軽量です。

 

 

 

Super Sunny 10×22

  • 倍率10倍
  • 見掛け視界 65度
  • アイレリーフ 記載なし
  • 生活防水
  • ソフトケース・ストラップ
  • アイカップで防振

販売台数2万台超の人気双眼鏡。コスパが抜群です。アイカップが付いているため、手振れしにくいです。137gの超軽量のため長時間の使用には負担が少ないです。

 

 

 

日向電子 録画機能付き双眼鏡

  • 倍率12倍
  • 見掛け視界 72度
  • 2.0インチ液晶モニター
  • デジタル録画機能
  • SDカードで32Gまでメモリー
  • 非防水

デジタル録画機能が付いた双眼鏡!動画・静止画とも可能でバッテリーも3時間持ちます。録画機能は個人使用に限って持ち込めるようです。

 

 

 

 

まとめ!

 

 

ラグビーでスタジアム観戦をされる方に双眼鏡をおすすめする理由は…

  • 大きなスタジアムで広いグラウンドの遠いサイドでのプレーを観るのに必要
  • 近くサイドのプレーでも詳しく臨場感溢れるプレーを観るのに必要
  • トップ選手やお気に入り選手をより身近に感じる為に必要

 

 

双眼鏡の選び方は、スポーツ種目によっても異なります。

ラグビー観戦に合ったものを選んで、快適なラグビー観戦をしてください。

 

 

→→それ以外のラグビー観戦への必需品はこちらを参考にしてください←←

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました